トップ / 住宅を建てる基準について

住宅を建てる基準について

住宅の種類と差とは

一戸建て住宅とマンションの差

一戸建て住宅とマンションのどちらを購入しようかと悩んでいる方は多いと思いますが、地震に対する安全性はどちらのほうが高いのか比較してみます。一戸建ての場合、新築で建てる場合はほとんど心配ありません。今は建築基準法も厳しくなっており、適当な建物は建てづらいようになっています。特に大手住宅メーカーなら心配ありません。一方マンションは築30年以内のもので、鉄筋あるいは鉄骨の建物なら問題ないでしょう。つまり築浅のものや新築のものであれば差はほとんどなく、心配しなくてもいいということです。木造の古い中古戸建てや築年数の古いものは大きい地震では倒壊の危険性があります。中古物件をご購入の際には気を付けたほうがいいです。

一戸建て

一戸建てとマンションの安全性

住宅の安全性を考える場合、耐震性や耐火性、さらにセキュリティ面などを考えることでしょう。耐震性に関しては、耐震基準が設けられているので、新築の場合は最新の安全性が備わっていますが、古い住宅になると、その時代の耐震基準に合わせて作られているので、地震に関しては安全とは言い難くなります。耐火性は家の素材によって差がありますので、どのような素材で建築されているかをしっかりチェックしましょう。セキュリティーの面では、最近のマンションなどはかなり力を入れているようですが、一戸建てと比べてどうなのかを比較してみる必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅はどちらがいいか. All rights reserved.