トップ / 住宅のセキュリティー

住宅のセキュリティー

防犯に注力した住宅

防犯に注目した住宅選び

家を選ぶとき、一番に気になるのはエリアや駅からの距離などの立地条件や広さ、価格など人によって様々です。しかし、マンションと一戸建ての違いは、形以上にその生活にあります。マンションでは、廊下やエントランスなど、自宅と道路との間に共有部分があり、共有部分には監視カメラや、物件によっては警備システムを備えており、その運営費用は管理費から支出するので、全居住者で分担することができます。戸建てでも警備を導入することはできますが、費用は自分で負担しなければなりません。泥棒の侵入率が低い住宅なら、集合住宅がおすすめです。

一戸建て

一戸建てとマンションの比較

一戸建ての住宅に住むか、マンションに住むかというのは、好みが分かれるところです。それぞれにメリットとデメリットがあるので、家族の志向に合わせて選択をする必要があります。一般的に一戸建ての住宅に住むメリットとしては、広々としてゆとりのある生活がしやすいことが挙げられます。ただ、泥棒の侵入率が高いことがデメリットとしてあります。マンションは、総じて利便性の高い立地条件である物件が多いメリットが挙げられます。ただ、専有面積が狭くなりがちで、隣の部屋との距離が近いことなど、窮屈な思いをしてしまいがちであることがデメリットとしてあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅はどちらがいいか. All rights reserved.